低刺激化粧品には、合成されたケミカル成分は含まれていないことがほとんどです。肌に蓄積されてしまえば、アレルギーを引き起こしてしまったり、乾燥肌、アトピー肌の原因にもつながってしまいます。香料・無着色・アルコール不使用・石油系界面活性剤不使用・無鉱物油など肌に刺激を与える成分をできるだけ避けた商品を選ばれることでしょう。

このところの研究成果などに基づき、キャリーオーバー成分を使って抽出する方法ではなく、コストが高くても別の抽出方法を選んだり、植物から抽出されたエキスや精油、ビタミン類を用いてケミカル成分に代替できる自然の成分を使用する方法も使われるようになりました。このように、一切ケミカル成分を使用しない化粧品は、低刺激化粧品として多くの方に愛用されるようになりました。